怪しい口コミの見分け方について

JOGGOの製品の口コミを調べてみて、怪しい口コミが多かったのでこのサイトを立ち上げました。

所で怪しい口コミの見分け方ってみなさんどうされていますか?

特に気にされない方もいると思いますし、物凄く気にされる方もいるのではないかと思います。

私の考えでは、インターネットで口コミを調べる際は、口コミの怪しさを検証してから買うのが圧倒的によいと考えています。

それはなぜか?

実は、インターネット上には「ステマ」という行為が平然と行われているからです。

 

ステマとは・・・

ステマとはステルスマーケティングの略です。

例えばJOGGOを例にしてステマを説明すると

JOGGOが自分のブランドの商品を売りたいと思ったときに、ブログをやっている人に対してお金を払って宣伝してもらう。

宣伝している側は売れればお金になるので、どれだけ商品が悪いと思っていても良い口コミばかりを書く。

JOGGOが実際にステマを行っているとはいいませんが、このような行為が平然と行われているのが日本のインターネットの状況です。

JOGGOも良い口コミが多いので怪しいと思ったわけです。

もちろん多い口コミが多いから必ずステマが行われているという訳ではありません。

本当に評価が高くて良い口コミばっかりという事もあり得るのです。

怪しいと思った良い口コミも実は、本当に買った人に素直な感想だった。

こんな事があるので、ステマを見分けるのは非常に難しい訳です。

そんな中、私がステマを見抜く為に使ってている私なりの考え方を紹介したいと思います。

怪しい口コミのステマを見抜く私の方法

友人に聞いた事があるのですが、ステマを行う業者は検索した時にホームページが上の方に表示されるように、様々な工夫をします。

なので、JOGGOの検索の上位も良い口コミでびっしりと埋められていたのではないかと思います。

検索結果の上位が良い口コミで埋め尽くされる=検索で出てきにくいページはステマの可能性が低い

私はいつもそう考えています。

ですので、通常は検索して1ページ目や2ページ目の情報を見ますが、今回のJOGGOは私の中で怪しいステマの疑惑があるので、5ページまでのサイトを見てみました

見たサイトの総数ななんと50件!

しかし、これだけのサイトを見ても圧倒的に良い口コミがあったのです。

もちろん悪い口コミもありました。

例えば

  • 届くのが遅い
  • 値段が高い

などです。

個人的にJOGGOは値段は高くないのですが、届くのは注文から3週間ほどかかるので、なるほど確かに遅いという風にも感じます。

しかし、オーダーメイド(注文を受けてから作る)ブランドであるという事を考えると、届くのが遅いのはしょうがないかなと思う面もあります。

※JOGGOはしかもバングラディッシュにある工場で作られてから送られてきますので、余計時間がかかるんですね。

このバングラディッシュから送られてくるという事がまた、コストダウンにもつながっているのではないかと思います。

本革性のオーダーメイドの財布が1万円前後で買えるというのは、個人的には衝撃だと思います。

前に使っていたグッチの財布はたしか10万円近かったような・・・(笑

怪しい口コミのステマを見抜く方法2

こちらも個人的な意見ですが、検索よりもSNSで見た方が正確な気がしています。

検索の方が怪しいサイトが多いように感じています。

JOGGOでなくても気に入っている商品で調べていただければわかると思うのですが

明らかにTwitterなどの方が生の声が多いように思います。

そして、Twitterで実際にJOGGOの口コミを検索した結果ですが

TwitterでもJOGGOは良い評判が目立ちました。

よってJOGGOはかなり良い評価のブランドと言ってよいのではないか思っています。

詳しくはこちらの記事もお読みください↓

トップページ